かとじゅんの技術日誌

技術の話をするところ

Scala

akka-cluster スプリットブレインリゾルバ OSS実装一覧

Akkaクラスターがネットワーク分断に遭遇した場合に、UnreachableメンバーをDown状態に遷移させるためのリゾルバのOSS実装を以下にまとめる。 ちなみに、このリゾルバがない場合はUnreachableのままだとリーダアクションが取れずにクラスターが機能不全状態…

sbtでビルドしたDockerイメージをECRにプッシュする方法

sbt-native-packagerとsbt-ecrを使って、ビルド→ECRログイン→ECRへのプッシュまで行います。 https://github.com/sbt/sbt-native-packager https://github.com/sbilinski/sbt-ecr ECRを作成する レジストリを作る。作成後 以下のようなURIが取得できます。 1…

Scala.js ウェブフレームワーク Facade 調査(2019年4月版)

主要なウェブフレームワークのFacadeについて調査した(2019/4/17日時点)。 React.js Reactバージョン Scalaバージョン ライブラリ名 スター数 最終更新日時 タグ形式 ReactRouterサポート Reduxサポート 備考 16.6+ 2.12,2.11 japgolly/scalajs-react 1196 1…

akka-streamを使ってmemcachedクライアントを作るには

かなり前になるのですが、akka-streamの習作課題として、Memcachedクライアントを実装したので、概要を解説する記事をまとめます。詳しくはgithubをみてください。 https://github.com/j5ik2o/reactive-memcached TCPのハンドリング方法 akkaでTCPをハンドリ…

akka-httpにswagger2.xを組み込む方法

akka-httpにswagger2.xを組み込む方法を以下に示します。 ※DIコンテナであるAirframeを使っていますが、もちろん必須ではありません。適宜読み替えてくだだい。 ライブラリの依存関係 swagger-akka-httpを追加します。javax.ws.rs-apiはアノテーションを利用…

DDDリポジトリを楽に実装するライブラリ

DDDのリポジトリを実装するのがダルいので、ライブラリ化したというか前から書いていたけど、Redis, Memcachedなどの実装も追加したので、簡単に説明を書いてみる。 プロジェクトなどで自前で実装する際も、参照実装として参考になると思います。Scalaの例だ…

sbtでDAOを自動生成する方法

DDDのリポジトリを実装する際、ほとんどのケースでDAOが必要になります。が、ボイラープレートが多く、自動生成したいところです。というわけで作りました。 どうやって自動化するか septeni-original/sbt-dao-generator 指定されたスキーマのJDBCメタ情報と…

jupyter-scala の セットアップ方法と使い方

セットアップ $ pyenv install 3.6.5 $ pyenv virtualenv 3.6.5 jupyter-notebook $ cd jupyter-scala $ pyenv local jupyter-notebook $ pip install --upgrade pip $ pip install jupyter-notebook $ wget https://raw.githubusercontent.com/alexarchamba…

混乱しがちなサービスという概念について

社内でサービスがよくわからないという話になったので、考察を少しまとめておきます。 過去のエントリでも以下のように触れましたが、もう少しかみ砕いてみよう。 サービスという言葉はあいまい まず、簡単に前提の整理から。単に"サービス"って言葉が何を指…

DDDのリポジトリのインターフェイスをどのように設計すべきか

scala-dddbase ではどのようなインターフェイスとしているか? 以下のようになっています。 戻り値はモナドにラップして返すことを想定しているので、高階型としてM型を指定できるようにしました。一般的にMには、同期型リポジトリとしてはTry型、非同期型リ…

ServiceとDCIについて

面白そうなネタがあったので、自分なりの考えをまとめてみる。 Ruby/Rails 用 DI コンテナ Dee をつくった、あるいは Ruby のカルチャーについて この記事はRuby用のDIコンテナの話題なんですが、DCIについても言及されているようです。比較軸はDIそのものと…

ScalaでのDCIの実装を考える

みなさん、こんばんわ。 会社のアドベントカレンダーで、Scalaコードでわかった気になるDDDというブログを書いたのですが、最近、老害を防ぐためにDCIについても勉強中です。 DCIアーキテクチャ - Trygve Reenskaug and James O. Coplien とりあえず、これを…

ドメインモデルの関連を表現するには

(Scala前提の記事なので注意してください) たとえばこんなモデルがあって、相互に依存しているケースを考えよう。 注意:説明を簡単にするために、varを利用しています。 従業員 class Employee( val id: Long, val name: String, var department: Option[Dep…

関数のカリー化と部分適用

今日は、カリー化と関数の部分適用の話題。 Haskellの視座からScalaのカリー化と部分適用を見てみる まず、Haskellでの関数のカリー化と部分適用についておさらい。 例えば、引数を合計する関数 mysum があるとして、 mysum :: Num a => a -> a -> a -> a my…

Scalazを使ってMaybeモナドを自作してみる(後編)

はい。 Scalaz Advent Calendar 2012 12/22 です。 前回に引き続き、MyOptionのためのMonoidとMonadを実装してみます。 Monoidの実装 Monoidはtrait Monoid[F]と定義されているので、今回はMyOptionのInt型の実装を定義します。 コードは次のとおり。 実装す…

Scalazを使ってMaybeモナドを自作してみる(前編)

Play or Scala Advent Calendar 2012の 12/21日の記事です。 モナドを理解するために、Haskellでモナドを作ってみたのですが、Scalaz*1でもMaybeモナドを作ってみようと思い試した結果を報告します。 MyOptionを定義する 例のごとくMaybe型を定義します。 Ha…

Maybeを自作してみる(Monad編 その2)

do式でのモナドの記述方法について簡単にまとめる。 Some 1 >>= \x -> Some(x+2) をdo式に書き直すと apply = do a <- Some 1 Some $ a + 2 Monadにはreturnがあるのでそれに書き換える。 apply = do a <- return 1 :: Option Int return $ a + 2 関数の引数…

リトライハンドラを書いてみた(Scala版)

Scalaでもリトライハンドラ*1が欲しくなったので、このブログを参考に作ってみた。 Ruby の retry-handler が激しく便利そうなので Java で実装してみた - YoshioriのBlog試行錯誤してたら、id:xuwei がforkしてくれていた!→ https://gist.github.com/29969…

Play2.0アプリをデーモン化する方法

commons-daemonを使ったら、NettyServerをちゃんとLinuxのデーモン化できた。 https://gist.github.com/2156447

パラレルコレクションの性能測定

Scala Advent Calendar jp 2011 6日目 いきます。STMの話にしようと思ったのですが、いろいろまだ調査中なんでまた後日ということで、今回はパラレルコレクションでいきます。すでにあちこちのブログで扱っているネタなので目新しさはないですが...パラレル…

Baseunits for Scala を 作ってみました。

Scalaで初プロダクトということで、日常的に使うものからということで、以下のBaseunitsのScala版を作ってみました。Baseunits Library - 都元ダイスケ IT-PRESSScalaはJavaの資産が使えるので、普通に考えるとBaseunitsのJava版を使えばよいわけです。しか…

Javaの列挙型っぽいもの

私は、ScalaのEnumerationは好みではないので、以下のようなJavaの列挙型っぽい実装を使っています。みなさん具体的にどんな実装にしてますかね?

日経ソフトウエア 2011年6月号でScalaの特集記事を書きました

こんばんわ。 ブログの記事が滞っているときは執筆中だったりするわけですが、今回はScalaの記事を書きました。 日経ソフトウエア 2011年 06月号 [雑誌]作者: 日経ソフトウエア出版社/メーカー: 日経BP社発売日: 2011/04/23メディア: 雑誌購入: 3人 クリック…

ScalaでBrainf*ckインタープリタを実装してみた

ScalaでBrainf*ckのインタプリタを書いてみたよ - 都元ダイスケ IT-PRESS Scalaを頑張っておるようなので、私もBrainf*ckのインタープリタをなんとなく実装してみた。BrainfuckRuntimeと、Expression系のクラスが関数型らしくないのでなんとかしたいな...。 …

Scalaの統一アクセス(プロパティ構文)がなかなかイカしてる件

今回は統一アクセス(プロパティ構文)がなかなかイカしてる件について。C#とかRuby,Pythonやってる人からすると何を今頃という感じなのですが。 Scalaで統一アクセス(プロパティ構文)を使う Scalaでフィールドを宣言する場合は以下のような書き方になります。…

ScalaのシングルトンをJavaの視点で読み解く

Scalaでシングルトンといえば、object型でしょう。実は、「はい それで終わり」ではありません。今日はそんな話。 object Singleton { println("Construct") val name = "SINGLETON" } println(Singleton.name) jadるとこんな感じ。 public final class Sing…

ScalaのクラスをJavaの視点で解剖する

Scalaのクラスをちょっと解剖して、なぜそうなっているか読み取ってみようと思います。 ScalaのクラスをJavaのクラスに変換してみる まず、こんなScalaのクラスを作ってみた。コンストラクタに氏と名のフィールドを二つ取る単純な人名クラスです。 class Per…

Scalaでアクターではなくスレッドを操る

Scalaといえば並行処理、並行処理といえばアクター。ということだけど、そこまで大袈裟ではなくサクっとスレッドを起こしたい時はどうしたらよいか。「プログラミングScala」のP220に「9.4.1 その場限りのスレッド」にopsオブジェクトのspawnメソッドが紹介…

JavaでActorっぽいものを作ってみる

前回 JavaでScalaの"アクターのようなもの"を作ろうということだったので、早速 作ってみました。目的は、Actorの概念に触れることで、並行処理プログラミングの勘所を学ぶことなので、その前提で読んでいただければと思います。 リソース共有モデルには限界…

トレイトで契約を表現してみる

Javaで契約をサポートする Googleが開発したJavaデバッグを簡単にする新技術「cofoja」 は記憶に新しいところですが、 まぁ、そこまでこだわるところでもないのですが、アノテーションに記述する事前条件や事後条件が文字列なのでちょっと残念かなと。Scala…