読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かとじゅんの技術日誌

技術の話をするところ

DTCP-IP

DRM

ハイビジョンレコーダで地デジなどのデジタル番組を録画して,DLNA経由でLAN上の別の機器から視聴したい場合は注意が必要です.

機器の選定

視聴される側のDLNA対応のハイビジョンレコーダ,つまりDLNAサーバの機能を有したハイビジョンレコーダは,国内主要メーカで見ると現在のところ東芝製かソニー製しかないようです.
ほかのメーカでも対応している場合あるかもしれませんが,DLNAの認定を受けていない機器だと相互接続性に問題が出る可能性は十分にあります.


視聴する側のDLNA対応の機器,DLNA対応デジタルテレビなどが多いと思います.こちらの場合も視聴する側の機器がDTCP-IPというDRMに対応していないとデジタルで録画した番組は一切視聴ができません.ソニーのブラビアも全機種対応ですし,バッファローのリンクシアターも対応しています.
ちなみに,PS3は対応していないようです.http://bb.watch.impress.co.jp/cda/special/18207.html
うーん,これは少しかわいそうですねぇ...対応してあげてほしい...

DTCP-IPのネットワーク上の制約条件

TTLは3hops以内,RTTは7msec以内なので,たとえレコーダをVPNにつないでも宅外からアクセスすることは難しいでしょう.
ちなみに,DLNAについてはマルチキャストで機器を探索するため,通常は同一LAN上でしか利用できないと思います.
ただし,別ネットワークでもマルチキャストがルーティングされている場合は利用できるかも知れません.


ということで,DLNA/DTCP-IPの組み合わせは家庭内の話で,宅外からのアクセスはロケーションフリーのような全く別のアプローチを利用するのがよいかと思います.