読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かとじゅんの技術日誌

技術の話をするところ

CQRS+Event Sourcingを学ぶための教材

DDD CQRS Event Sourcing Akka

超久しぶりのブログ…。 Octopressに疲れたのではてなブログに戻ってきました(Octopressの過去の記事ははてなブログにインポート済です)。ついでプロに移行。

さて、海外のDDDコミュニティではCQRS+Event Sourcing(以下, ES)が人気なのですが、ようやく日本でも話題になることが多くなったので今回は教材となりそうな書籍を簡単に紹介したいと思います。

DDD といえば まず エリック・エヴァンスのドメイン駆動設計 (以下 DDD本) を読むべきですが、CQRSについては記載がないので 実践ドメイン駆動設計 を読みましょう。

実践ドメイン駆動設計

実践ドメイン駆動設計

さらにDDD本には ES の基礎となる ドメインイベント の解説が含まれていません。そのドメインイベントの概要を掴みたければ、実践ドメイン駆動設計に記載があります。

より実装イメージを掴みたいという人には、以下の本がお勧めです。ただし、コードはC#ですが、より実装視点での知見が得られる本です。

.NETのエンタープライズアプリケーションアーキテクチャ 第2版 (マイクロソフト公式解説書)

.NETのエンタープライズアプリケーションアーキテクチャ 第2版 (マイクロソフト公式解説書)

非同期でノンブロッキングなアーキテクチャでC10K問題を解決するには、Scalaでの実装手段はいろいろあると思いますが、Akkaはその一つです。また、AkkaはDDD+CQRS+ESへの考慮も為されいるツールキットです。ということで、AkkaでDDDをやる場合、参考になるのは以下の書籍らしいです。実践ドメイン駆動設計 の著者(Vaughn Vernon氏)が書いた書籍で、設計上の概念のみならずAkkaでの実装例なども紹介されています。

Reactive Messaging Patterns with the Actor Model: Applications and Integration in Scala and Akka

Reactive Messaging Patterns with the Actor Model: Applications and Integration in Scala and Akka

さらに読書会もあるので、興味がある方は参加してみてはどうでしょうか?(僕も参加する予定)

ddd-cqrs-es.connpass.com

あと、gihub上の参考になるコード例としては以下をあげておきます。ddd-leaven-akka-v2は、akka-dddをベースしたサンプルです。コード量は結構あるので読むには気合いがいると思いますが…。先に上の書籍で概念を押さえてからの方が無難です。

GitHub - pawelkaczor/ddd-leaven-akka-v2: Next generation of ddd-leaven-akka

GitHub - pawelkaczor/akka-ddd: Akka/EventStore DDD framework

関連するブログ記事はこちらです。

Reactive DDD with Akka | Write less, do more!

Reactive DDD with Akka - lesson 2 | Write less, do more!

Reactive DDD with Akka - lesson 3 (Projections) | Write less, do more!

DDD+CQRS+ESとは直接的に関係ないのですが、Reactive Messaging Patterns with the Actor Model: Applications and Integration in Scala and Akka でよく引用されている書籍です。Akkaで提供されている機能のほとんどは、EIPを読むと理解できると思います。

Enterprise Integration Patterns: Designing, Building, and Deploying Messaging Solutions (Addison-Wesley Signature Series (Fowler))

Enterprise Integration Patterns: Designing, Building, and Deploying Messaging Solutions (Addison-Wesley Signature Series (Fowler))

Java EE読書会のドキュメントも併読すると参考になるかもしれません。 EIP - Java EE勉強会

なぜCQRSやESが必要になったのかは、別のエントリで書く予定。